« 長寿の秘訣 | メイン | ヨガについて »

がんの遺伝性

よくいわれるのが乳がんは遺伝もある、というもの。
なので知り合いの娘さんはとてもそれを気にしていました。お母さんが乳がんで亡くなったからです。

家族に乳がん患者がいる人の中には、
遺伝的に乳がんになりやすい体質を受け継いでいる場合があります。

しかし、このような遺伝性乳がんの割合は、
乳がん患者全体の5~10%しかなく、決して高いものではありません。
逆にいうと、家族が乳がんであっても、必ずしも自分が乳がんになるとは限らないのです。

かのアンジェリーナ・ジョリーもそうでしたね。

アメリカの統計では、乳がん患者全体の5~10%が遺伝性とされています。
日本でも近年の研究で、米国と同等の割合で存在するというデータが出ています、
と話すのは、聖路加国際病院(東京都中央区)ブレストセンター長の山内英子さん。

遺伝性乳がんとされる患者のほとんどが、
BRCA1とBRCA2という2種類の遺伝子のどちらかに変異を持つことも分かっています。

難しい話になっていきそうなのでやめますが、
遺伝性がない、とはいえないのですねー。

もし親近者に乳がんの人がいるになら注意して、毎年検査することをお勧めします。
私にはおりませんが、それでもチェックはしたいと思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.goldenapplecoffeehouse.com/mt3/mt-tb.cgi/43

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年06月01日 00:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「長寿の秘訣」です。

次の投稿は「ヨガについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38