« 茨城の火災 | メイン | 精神力を磨こう »

高年収のハウスメーカーの求人

■大手・中小に関わらない
大手や中小に関わらず、成長しているメーカーは収入も平均より高いです。大手メーカーでも売上げが低迷していたり株価が下がっていたりするメーカーはあまり収入で満足度は得られていません。

■営業職の場合
営業職の場合だと2つの年収パターンがあります。宅地建物取引主任者が必須の求人などもありますがあまり給与は関係にはないです。月の固定給プラス契約金額による歩合とボーナスで年収が毎年変動するメーカーと、最初に最低年収が決められており契約金額などにより歩合とボーナスが加算されていくメーカーです。前者は全く契約のない月は固定給のみなので年間での契約が少なければ内勤とほぼ変わらない年収の年もあります。それに比べて後者は、年齢などに合わせて最初に年収が固定され、契約すればするだけ歩合が上乗せされますので一定の年収を下回ることはありません。前者は大手メーカー、後者は成長している中小メーカーに多い給料制度です。どちらにせよ、営業職にはノルマはつき物です。一定期間の契約がなければ異動、または辞めざるを得ません。給料としての成果は多く得られますが、常に数字に縛られる職種です。

■内勤職の場合
内勤職のなかでも、有資格者は月に一定額の奨励金が加算されたり、資格を取得した際に祝金が出たりするメーカーもあります。そういった点でも、専門資格はとても有利です。
設計職は契約に至った件数でボーナスが決まりますし、その他の部署でも年間業績目標を達成した場合はボーナスで換算されます。社員一人ひとりの成果を数字で評価してボーナスとして換算する制度がしっかりと整っているのは大手メーカーに多いです。

■ボーナスの有無
 近年、大手メーカーでは役職者を除いてボーナスのカットを行っているところもあります。業績数値によって換算されるボーナス規定を今までより下げたうえに、一定以上の役職者(主任以上、係長以上、など)のみにしか支給していないメーカーは、非常に業績悪化しているメーカーです。少ない金額でも全社員にボーナスを支給しているメーカーの方が社内の空気の流れもよく、成長過程にあるメーカーです。なかなか面接時にボーナスの有無までは聞きにくいですが、口コミなどで是非確認しておきたい事項です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.goldenapplecoffeehouse.com/mt3/mt-tb.cgi/35

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2015年11月17日 12:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「茨城の火災」です。

次の投稿は「精神力を磨こう」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38